Event is FINISHED

アーバンデータチャレンジ2020(UDC2020)キックオフ!(6/30)

Description

アーバンデータチャレンジ2020 (UDC2020)キックオフ!
~アフターコロナに向けたオープン・デジタルなまちづくりを考える
(東京大学生産技術研究所「デジタルスマートシティイニシアティブ(IIS-DSCI)」第2回公開シンポジウム/土木学会インフラデータチャレンジ2020)

【重要なお知らせ】本イベントは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止の観点から、全面的にオンライン(Youtube Live:http://bit.ly/UDC_channel)で開催いたします。

主催:一社)社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)/東京大学生産技術研究所/東京大学空間情報科学研究センター/公益社団法人土木学会

【第1部:UDCのセカンドステージの加速に向けて】(司会:東京大学CSIS/UDC事務局・瀬戸寿一)
13:30-13:40 開会挨拶
東京大学生産技術研究所 教授・野城智也

13:40-14:00 趣旨説明
東京大学生産技術研究所准教授/AIGID代表理事・関本義秀

≪アーバンデータチャレンジと今年の重点分野≫
14:00-14:30 講演1【まちづくり・都市計画分野】「裾野市が目指す真のスマートシティ」

裾野市企画部みらい政策課 係長・長田雄次 氏
 ×
Code for Japan/Code forふじのくに 市川博之 氏

14:30-15:00 講演2【教育・政治分野】「「オンライン教育」と「教育のデジタル化」」
東京大学大学院人文社会系研究科 准教授・大向一輝 氏
 ×
東京大学大学院情報学環 特任准教授・福島幸宏 氏

≪デジタルスマートシティの推進と社会変化≫
15:00-15:30 講演3「国土交通データプラットフォームによるDX」
国土交通省大臣官房技術調査課 建設生産性向上推進官・廣瀬健二郎 氏
 ×
土木研究所 先端技術チーム・榎本真美 氏
 ×
東京電機大学 研究推進社会連携センター教授・小林亘 氏

15:30-16:00 講演4「COVID-19とシビックテック」

一般社団法人Code for Japan代表理事・関治之 氏
 ×
東京大学生産技術研究所 准教授・関本義秀

16:00-16:10 (休憩)

【第2部:地域拠点のこれまでとこれから】(司会:合同会社ジオリパブリックジャパン/UDC事務局・東修作)
16:10-16:20 活動報告:UDC2019北海道ブロック(UDC2019ベスト地域拠点賞)
室蘭市企画財政部企画課 主事・川口陽海 氏

16:20-16:30 活動報告:UDC2019京都ブロック(UDC2019ベスト地域拠点新人賞)
あおき地理情報システム研究所・青木和人 氏

16:30-17:20 2020年度の取組み紹介:UDC2020地域拠点から
  ※5分✕10団体を予定しています。
  ※各地域拠点とZoomで繋いで実施します。

17:20-17:25 データ提供・支援拠点:国立国会図書館からのご紹介
国立国会図書館電子情報部・横田志帆子 氏

17:25-17:30 閉会挨拶

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#635730 2020-06-24 08:12:38
More updates

[PR] Recommended information